採用

業務分析・職務設計

サービスの特長

  • 特長

    採用しやすい業務を切出し

    企業の方向性、採用計画等をお伺いした上で、求職者の状況、希望する職種等をふまえた業務設計をご提案します。業務ありきの採用ではなく、採用しやすさを考えて業務を切り出し、設計します。

  • 特長

    管理しやすい業務を設計

    障害のある方の仕事のしやすさはもちろん、マネジメントを担当する社員様にとっても管理しやすい業務を設計します。現場が疲弊する雇用はたとえ、障害者が定着したとしても、ひずみが生じてしまいます。

  • 特長

    ワークタイムテーブルをご提案

    安心して障害者を受入れられるよう、職務分析のアウトプットとして、一日または週単位でのワークタイムテーブル案をご提案します。あわせて、その仕事ができる障害者の人材像を定義しますので、採用イメージがより具体化します。

サービス内容

・採用方針に基づき、業務の切り出し及びスケジュールの作成を行います。 採用しやすく、働きやすく、力を発揮してもらいやすい業務の抽出・設計をいたします。 
①業務の棚卸・・受入れ部門の管理職、一般社員の方々へのヒアリング 
・コンサルタントが業務体験し、業務量・難易度・必要スキル等を分析します。 
②職務設計・・採用難易度と貢献度を総合的に判断し、ワークテーブルを設計します。 
③人材要件定義・・職務設計により用意された仕事を遂行でき、 その組織に適応できる障害者人材について提案します。求人条件、採用条件を提案します

こんな企業様におすすめ

・知的・精神障害者の採用経験が少ない企業様 
・まとまった数の障害者採用をご検討中の企業様 
・これまで採用した人材の定着率に課題を感じている企業様

料金

採用予定数、業務の切り出し部署数等によって変わります。個別にお見積りさせていただきます。

サービスの流れ

  • STEP 1 事前ヒアリング(人事ご担当者様)

  • STEP 2 ご契約

  • STEP 3 現地ヒアリング

  • STEP 4 業務分析

  • STEP 5 職務設計

  • STEP 6 業務分析・職務設計レポートのご提出

お客様の声

  • 外食業 S社

    同業種での支援経験を持つコンサルタントの方は業界知識もあり、こちらの不安をよく理解していました。実際、現場に入っていただいて、丸1日業務を体験した上での業務設計提案は納得感がありました。

  • 遊戯場経営 O社

    配属検討部署の業務について、十分にヒアリングした後に、初期段階の業務、その後の職域拡大と段階を踏んだ業務設計をしていただきました。求人票に記載する内容が具体的にわかり、人材要件を固めることができました。

よくあるご質問

Q
一般的な「業務切り出し」とどこが違いますか?

A
障害のある方が取り組みやすく力を発揮しやすい仕事であること、一般社員様の協力を得やすい仕事であること、将来のスキルアップを視野にれることができること、そして一定数のなどの要素を念頭に業務分析を行います職務設計を行う上で、考えていただきたいのが業務の標準化と可視化です。コア業務の手順書や、1週間のワークテーブルなどを作成し、それに沿って仕事をしてもらえるようにします。