採用

採用代行

サービスの特長

  • 特長

    実現可能な採用計画

    障害者の定着、戦力化を見据えたオーダーメイドの採用活動をご提案します。インクルーシブな職場を目指す企業様の採用方針を伺い、実現可能な採用計画をご提案します。

  • 特長

    ノウハウを惜しみなくご提供

    採用プロセスの各段階ごとに、ポイントとなる効果的なサポートをいたします。法律・制度・障害福祉分野の業界特性など、特殊性の高い障害者雇用において、ノウハウを惜しみなくお伝えします。必要な手順やツールもご提供します。

  • 特長

    支援機関とのネットワーク

    弊社の強みは、国や行政の仕事を通じて培った、行政窓口、有識者、支援機関とのネットワーク。自社で訓練生や求職者を抱えない代わりに、各地の信頼できる支援機関とのネットワークを通じて、候補者を集めることができます。

サービス内容

・人材要件定義に基づき、ご応募いただきたい人材を育成されている就労訓練機関や特別支援学校等にアプローチします。 
・応募者の質と数の確保を目的として障害者向けの職場見学会の開催をコーディネートします。 
・応募可能性のある障害者の各種スキル、応募意欲を確認するための職場実習をコーディネートします。 
・実習参加者の状況をまとめたレポートを作成します。

こんな企業様におすすめ

・知的・精神障害者の採用経験が少ない企業様 
・まとまった数の障害者採用をご検討中の企業様 
・これまで採用した人材の定着率に課題を感じている企業様

料金

採用予定数、業務の切り出し部署数等によって変わります。個別にお見積りさせていただきます。

サービスの流れ

  • STEP 1 ①事前打合わせ・ご契約

  • STEP 2 人材要件の確認及び母集団形成

  • STEP 3 職場見学会のコーディネート

  • STEP 4 職場体験実習のサポート

  • STEP 5 実習後レポートのご提出

よくある質問

Q
採用を急いでいます。職場見学会や実習は必ず実施しなければならないものでしょうか。

A
FVPで採用を支援する場合は、選考のプロセスに実習を組み入れていただくことをお願いしています。職場見学会や実習の機会を設けることは、求職者や支援者にとっても「事前に職場や仕事を知ることができる」というメリットがあり、採用競争力を高められると考えます。 

Q
依頼した条件で採用できなかった場合でも費用は発生しますか?

A
人材要件、時期、採用数は事前に綿密にお打合せを行い、目標とする採用数を双方合意のもとで決定しますが、その人数を保証するものではありません。