障害者雇用Q&A

Q
重度障害者とはどのような人のことを指すのでしょうか?

重度障害者は法定雇用率を算定する際に、1人を雇用しても2人としてみなされるダブルカウント制度があると聞きました。
重度障害者とはどのような人のことを指すのでしょうか?
身体障害者の手帳4級と精神障害者3級の2種類の手帳を持っている人の場合はダブルカウントになるのでしょうか。

A

【重度障害者の定義】障害者雇用における重度障害者は障害者雇用促進法に明確に定義づけられています。その定義は以下のとおりです。

身体障害者で次のいずれかの場合
・等級が1級、2級の人
・等級が3級で重複の障害がある人

知的障害者で、次のいずれかの場合
・療育手帳で程度が「A」とされている。
・児童相談所又は知的障害者福祉法に規定する知的障害者更生相談所、療育手帳の「A」に相当する程度とする判定書をもらっている。
・障害者の雇用の促進等に関する法律に規定する障害者職業センターにより「重度知的障害者」と判定されている。

これ以外のケースは、重度障害者に該当しません。
よって、ご相談にある「身体障害者手帳」と「精神障害者保健福祉手帳」を持っている人は、重度障害者としてみなされません。

加えて知ってきたいのは、現行の重度障害者に関する考え方が医学的判定に基づいているものであるということです。つまり、仕事をする上での困難さや業務スキルの高低を表したものではないということです。重度障害者や重度の判定書を持っている人であっても、環境や仕事内容によっては、十分な成果を上げている障害者がたくさんいます。

採用においては、その人が重度障害者か否かということではなく、期待する能力を発揮して仕事をしてくれるかどうかという視点で判断することをおすすめしています。

採用後、期待する能力を十分に発揮していただくために

  • ATARIMAEクラウド

    困り感の解決だけでない、自社に合った障害者雇用の構築をサポート
    構造化と視覚化の視点に、心理療法的な視点も加味して設計された業務日報システムに、臨床心理士などの専門家サポートが一体となったクラウドサービスです。 
    クラウド導入と同時に、精神・発達障害者の特性に配慮した指示環境を用意でき、期待する能力を十分に発揮していただくためのマネジメント品質の向上をお手伝いします。 
    ATARIMAEクラウド

障害者雇用 お役立ち情報

  • 障害者雇用Q&A集

    障害者雇用Q&A集
    弊社に寄せられたご相談やご質問をQ&A形式で一挙ご紹介。  
    障害者雇用のご担当者が抱える「誰に訊けばいいのかわからない」  
    疑問やお悩みの答えが、きっとここにあります。
    • 精神障害者に「頑張れ」は禁句?
    • 一般社員に対してどこまで開示できるのか?
    • 発達障害者への指示出しのポイント
    • 体調を聞いても「大丈夫」としか言われない
    • ジョブコーチはどこまでやってくれるの? …など
  • 成功する精神障害者採用のポイント解説セミナー

    成功する精神障害者採用のポイント解説セミナー
    創業から18年、1000社以上の企業様の支援実績から得た具体的方法・ノウハウをお伝えします!
    • 現場へのメリット提供で精神障害者雇用に追い風が吹いた
    • 採用チャネルとプロセスを変えたら離職数ゼロに
    • 配属先に共有する情報を工夫したら職場の空気が変わった!