障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
障害者であることはどのように確認するのですか?

【雇用率対象の障害者】障害者雇用促進法における障害者雇用率の対象となる障害者は、原則として障害者手帳を持っていることが条件となります。

身体障害者については、身体障害者手帳によって行います。身体障害者手帳を持っていない人については、一定の要件に該当すれば身体障害者手帳を持っている人と同様に見なされます。

身体障害者の等級は1級から6級まであります。1級が最重度で、級が大きくなるほど障害が軽くなります。(肢体不自由には7級が存在しますが、単独では障害者手帳は交付されません。つまり障害者雇用率にカウントされません。)


知的障害者であることについては、原則として都道府県知事または政令指定都市市長が交付する療育手帳等によって行うものとされています。療育手帳等を所持しないものについては、都道府県の障害者職業センターなどの判定機関の交付する判定書によって確認することとなります。重度知的障害者であることの確認も障害者職業センターなどの判定機関の交付する判定書によって行います。

 知的障害者の場合は都道府県・政令指定都市ごとにもバラバラです。手帳の名前は療育手帳・愛の手帳といった名称が多く、障害等級も場所により2種類、4種類に分けられています。等級についてはA(最重度・重度)、B(中軽度)におおまかに2種類に分類され、さらにAでもA1(最重度)A2(重度)、BでもB1(中度)B2(軽度)と4種類に分類されるのが一般的です。


精神障害者については、精神保健福祉法第45条に規定されている精神障害者保険福祉手帳が都道府県から公布されますのでこの手帳によって確認を行います。

精神障害者は、1級から3級までの3段階です。こちらも1級が最重度で、級が大きくなるほど軽くなります。2年ごとに更新が必要となります。


障害者手帳の交付は申請主義であり、いずれも本人が申請しなければ交付されません。

 

 

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針