障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
想定していたレベルの障害者に応募してもらえず、採用に苦労しています

ハローワークの指導により2年間の雇入れ計画を作成し採用を進めています。1年あまりで10名以上の障害者を雇用しなければなりません。現在ハローワークや紹介会社から紹介のあった障害者を面接していますが、障害が重度の方や精神障害の方の応募が多く、なかなか採用に至らず苦労しています。どのように進めればよいのでしょうか。

【採用する障害種別】経営層の承認や協力を得ながら身体障害以外の障害種別の人も採用する

どちらの企業も軽度の障害の方を採用したいと思いますが、軽度の障害の方はすでに就業中の方も多く、応募者の多くは、重度の身体障害のある方や精神障害の方です。この状況が今後も続く中では、「なるべく軽度の人を採用」「身体障害者を採用」という方針では、期間内の計画的な採用は困難だと言わざるを得ません。

2年間の雇入れ計画の期間内に法定雇用率の達成が求められていること、企業名公表となってしまう恐れがあることについては、経営層は理解していますか?
行政指導が入っている状況は、企業名公表のリスクも含めて障害者雇用の緊急度が極めて高いということを経営層も理解し、協力してもらう必要があると思います。

採用担当者の経験が乏しいことや、障害者のことについての知識が不足しているがために、固定観念を持ってしまうことがあります。まずは軽度の身体障害者しか雇用は難しいという考え方を変える必要があります。障害について詳しく知りたいと思う場合、どのような配慮があれば働けるかについて情報が欲しい場合は、本人や支援機関に具体的に確認してみてください。いきなり採用というのに抵抗がある場合は、インターンシップ(実習)をおすすめしています。まずはインターンシップで受け入れてみると、一緒に働くイメージが持てたり、現場から肯定的な意見が聞けたという事例は枚挙にいとまがありません。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針