障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
面接では障害についてどこまで聞いてよいのでしょうか?

面接をするにあたって、履歴書と職務経歴書に書かれている内容を見る限りでは、障害特性や配慮しなければならないことが十分わかりません。
面接の段階でその人の障害のことについてどこまで聞いてよいのでしょうか。

【面接での質問】本人の了解のもとであれば、原則として何を聞いても大丈夫です。

障害のことは、とてもナーバスな問題で、なかなか質問しにくいと言う採用担当者は少なくありません。けれども採用した障害者が、職場に適応し活躍してもらうためには、会社として、その方の能力や適性、会社が配慮すべきことについての情報をあらかじめ把握する必要があります。特に障害についての情報は、入社後時が経てば経つほどたずねにくくなるものですから、採用選考(面接)の段階でできるだけ詳しく把握したいものです。

障害者採用にご応募される方の場合、自身に障害があることを開示して(オープンで)求人に応募されている方たちです。周囲の人に、何が苦手なのか、どんな配慮が必要なのかということを知ってもらえているということは、本人も安心して仕事をすることができるのです。

 質問する場合は、障害について「聞き出す」という視点ではなく、その人が会社に「配慮してもらう上で伝えたいこと」を十分に伝えていただくというスタンスを取ることをおすすめします。

あなたが働きやすく、会社にとってもよい環境を整えたいので、
「障害のことについて質問してもいいですか?」
「答えにくい質問、答えたくない質問には答えなくていいです」
と伝えてから、障害のことについて質問するとスムーズです。

応募者の中には、自分の障害について話したくない方もいますが、中途で障害を負った方の中には、そのことを十分受け止められておらず悩んでいる方もいますので、自分の障害について話したくない方もいることを知っておくとよいと思います。 

余談ですが、本籍地、出身地、家族のことなど、採用選考の際に収集してはならない情報については、法令によって定められておりますので、こちらを遵守することは、障害者採用についてもまったく同様です。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針