障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
障害者は正社員として雇用しなければ障害者雇用率の対象とはならないのでしょうか。

障害者を採用する場合の労働条件について悩んでいます。正社員として雇用していなければ障害者雇用率の算定対象外になるのでしょうか。

【障害者雇用率の算定対象条件】非正規社員や短時間労働者でも一定の条件を満たせば障害者雇用率の算定対象となります。

雇用している障害者が非正規社員であっても、「常用雇用している労働者」であれば障害者雇用率に算定することができます。算定については、申告申請の基礎となる各月の「算定基礎日」に在職しているかどうかで判断します。

常用雇用している労働者とは、以下のいずれかに該当し、週所定労働時間が20時間以上の労働者を言います。

 1.雇用期間の定めがなく雇用されている労働者
 2.一定の雇用期間を定めて雇用されている労働者であって、その雇用期間が反復更新され雇入れの時から1年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者
 3.過去1年を超える期間について引き続き雇用されている労働者

なお、常用雇用労働者は、週所定労働時間の時間数によって、「短時間以外の常用雇用労働者」と「短時間労働者」に区分されます
 1.短時間以外の常用雇用労働者
  常用雇用労働者のうち、週所定労働時間が30時間以上である労働者(1人を1カウント)

 2.短時間労働者
  常用雇用労働者のうち、週所定労働時間が同一の事業所に雇用されている通常の労働者の1週間の所定労働時間よりも短い労働者であって、週所定労働時間が20時間以上30時間未満である労働者(1人を0.5カウント)

障害者雇用の場合も、一般の採用と同様です。雇用形態は、仕事の内容や責任の範囲、勤務時間などの労働条件、本人の希望によって決定されるものです。正社員でなければ雇用できないわけでもありません。逆に、障害者雇用だから正社員として処遇しないということもあってはならないことです。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針