障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
一般社員に対して、障害についてどこまで伝えていいのでしょうか

初めて障害者社員を部門に迎え入れることになりました。
人事担当からは障害の特性や配慮すべきことについて情報提供がありましたが、一緒に働く社員に対して、障害について伝えてもよいのでしょうか。

伝えるとしてもどこまで何を伝えればよいのかわからず困っています。

【社内共有】前提として本人の意思や気持ちを尊重します。一緒に働く上で必要な情報は伝えた方が双方安心して働けます。

 周囲の社員の協力や配慮を得るためにも、本人の障害特性や指導上の配慮事項等の説明は必要だと考えます。

特に、精神障害者や発達障害者は見た目では障害が分かりにくいため、周囲から「なぜ彼にだけ特別な配慮を必要としているのか」と思われるかもしれません。そのような疑問や誤解を防ぐためにも、現場の社員や直属の上だけでなく、他の同僚にも必要な範囲で説明できるようにしておくことも大切です。

障害者本人も、障害を開示して(オープンにして)の就労を希望される方の場合は、自分の障害を理解してもらうことを望み、そのことで安心して働けると思われる方が多いですし、その方が安定雇用につながりやすいという傾向があります。

ただ一方で、不利な扱いを受けるのではないかと不安に思い、障害を開示することに抵抗を感じる障害者もおられるため、面接や入社前の説明会の時に、障害の開示についての本人の意思や気持ちを確認しておくことは大切です。

伝える内容は、障害の特性、そのことによって配慮が必要なこと、コミュニケーションの仕方などです。
疾患名や病気の症状などについては、あえてお伝えする必要はないと考えています。
もし、わからないようであれば、人事担当者や専門家に相談することをおすすめします。

障害者社員の受け入れ前には、受け入れ部署で障害者とコミュニケーションを取るための研修会(勉強会)を開いている企業も増えています。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針