障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
実習をやりましたが、はっきりいって採用していいのかどうかわかりません。

知的障害者を採用するにあたり、1週間の実習をやってもらいましたが、業務の習得をするにはまだ時間がかかりそうです。

はっきりいって採用していいかがわかりません。
実習終了後、面接に進んでもらうべきか否か。どのように判断すべきなのでしょうか。

 

 

【職場適応の可能性】実習では、「依頼した業務が遂行できるか(できそうか)」という業務スキルの評価と「自社の職場環境に適応できそうか」という職場適応の可能性を評価することをおすすめします。

ここで言う職場適応とは、暑い寒いや騒音といったハード面の環境のみならず、業務の進め方、人員構成、他の社員とのコミュニケーションといったソフト面の環境も含まれます。

注意したいのは、特に業務スキルについては、現状のレベルで判断してしまうこと。

知的障害者の場合、業務スキルの習得に時間のかかる人も多く、じっくり指導することで十分に活躍してくる可能性もあります。実習期間の評価のみで不安が残る場合などは、本人の合意のもと、再度実習の提案をする場合もあります。

 

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針