障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
過去のパニック発作のことに触れたがらない発達障害者。面接でどこまで聞いてよいのでしょうか?

 実習で受け入れた発達障害のある短大生。業務の飲み込みも早く、工場で採用したいと考えています。5年前にパニック障害を発症し、まだ服薬治療が続いていると伝えらました。本人はあまり発作のことを話したがりません。現場には機械も多くありますので、安全配慮ができるかを勘案したうえで採用したいところですが、プライバシーへの配慮を考えるとこれ以上踏み込んで聞くべきではないでしょうか。

【発達障害】発作や服薬のことは詳しく知っておきたい情報のひとつ。本人の気持ちに配慮し、「聞き出す」というより「伝えてもらう」スタンスでの質問を。

障害者雇用で就職する人の多くは、自身の障害について知っておいてほしいと考えます。しかしながら、今回の方のように、「触れてほしくない」「話したくない」と考える方もいます。今回は、工場での採用とのことです。安全配慮の観点に立ちますと、発作の頻度やきっかけ、薬の副作用による居眠りの有無などは、やはり把握しておかねばならない情報です。

ご本人の意思を尊重するのは大前提です。
障害のことについて質問するのは、働きやすい環境を整えたいという会社の意思の表れなのだということを、理解してもらう必要があります。「答えられる範囲でかまわない」「どのように配慮すれば安心して働いてもらえるのだろうか」と相手の緊張や不安を理解したうえで、話を聞いていくということも大切です。
根掘り葉掘り「聞きだす」のではなく、「伝えてもらう」というスタンスです。

一方で、本人がどうしても発作や服薬について触れたがらず、安全配慮についての不安が取り除けない場合は、今回は採用を見送るという判断も致し方ないのかもしれません。

 

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針