障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
メモを取るのが苦手な発達障害者にはどんな風に指導すればいいか?

指示の理解を促す手段として、言われたことはメモするように伝えています。熱心にメモを取っている様子なのですが、仕事のミスが減りません。
メモを見たところ、乱雑に書かれていてほとんど読めない状態です。本人に確認すると、早すぎて全部書き切れない、何をメモしてよいかわからないと言っています。

【指示の出し方】口頭での指示は極力減らすのがポイント。メモを取る場合は、何をメモに取るのかを事前に指導する。

メモを取るというのは、口頭で言われたことの情報を取捨選択し、再構成してわかりやすく記録するという行為を同時に行っていくことですので、実は以外と難しい作業です。
発達障害のある人の中には、耳から入る情報を適切に処理するのが苦手な人も多く、言われていることをすべてメモしようとして、結局何を書いていいかわからなくなってしまったと訴える人もいます。

そもそもメモを取る目的は、指示内容を忘れないように記録することで、業務を正確に遂行することです。
であれば、耳から入る情報を適切に処理するのが苦手な人に、メモをどのように上手に取らせるかという工夫もさることながら、指示内容をいかに確実に理解してもらうかを考えた方がよいと思います。
口頭で伝えてはいけないということではありません。指示をする前でも後でもよいので、同じ内容をメールで送っておく。それだけです。
本人も、そのメール文面を指示書として業務を進めるわけです。本人が受信しやすいコミュニケーションの方法を選択した方がお互いの負担は減るのではないかと考えます。

どうしてもメモを使ったコミュニケーションを必要とする場面では、メモに記録した指示内容を復唱、確認するだけでも、指示理解が進むので仕事のミスは軽減すると思います。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針