障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
長期欠勤の障害者はどのようにすればよいのでしょうか?

長期欠勤の障害者がいます。どのように対応したらよいでしょうか。

【長期欠勤の障害者への対応】残業を同僚に代わってもらったことがきっかけで申し訳なくなってしまい、出勤できなくなってしまった障害者社員のことについて相談を受けたことがあります。

出勤できないことが申し訳なくなり、さらに休みを重ね、休みが重なることで
連絡することすらも申し訳なくなる…
ちょっとしたことがきっかけで出社できなくなってしまった障害者社員の存在は、実は珍しいことではありません。
そうではなく、一人暮らしなどの場合、病気で寝込んでいるかもしれません。

「少し様子を見てみよう」と思わず、就労支援機関経由で、あるいは直接、なるべく早く連絡することをおすすめしています。長期にわたって欠勤する障害者への対応も、基本的には就労支援機関に対応を依頼するとよいと思います。就労支援機関に登録していない障害者の場合は、居住地の自治体の福祉事務所に連絡してください。
福祉事務所は、障害者の状況を包括的に把握しており、その援護や生活指導などを行う役割を担っています。
もし、長期に連絡が取れず生存確認の必要があれば「安否確認を」と依頼するとすぐに対応してくれるようです。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針