障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
本人がいいと言えば、残業を頼んでもいいのでしょうか。

店舗のバックヤードで知的障害の方に働いてもらっています。仕事も覚え、戦力として頑張ってくれています。店舗が忙しい時は残業を頼みたいと思うのですが、本人がいいと言えば問題はないでしょうか。

【残業の依頼】障害特性に起因する「疲れやすさ」がある人もいます。本人、および支援者の意向を確認して問題なければ残業も可能ですが、第三者の視点で体調管理に気を配るとよいでしょう。

 
基本的には残業してもらうことに問題はありません。

ただし、障害特性に起因して予定変更が苦手な方、自分の生活リズムにこだわりのある方もいます。そのような方の場合は、残業の依頼をなるべく早い段階で伝えるようにしましょう。その際には「何時まで」「何の仕事を」を明確に伝えるとわかりやすく、引き受けやすくなります。

また、頼まれると断れず、本人の意向とは異なるのに残業を引き受けてしまい後日課題が発生するケースも考えられます。
断れないままに残業が続いてしまうと、疲れが体調に出てしまう方もいます。その日は大丈夫でも、前日に遅くまで働くことで翌日以降の業務に支障が出るなら残業は避けた方がいいかもしれません。

自分の体調変化に気づかなかったり、発信できないことで本人が無理をしてしまうケースもあります。本人と合わせて、ご家族や支援者を通じて本人の意向を確認してもらうといいでしょう。

一般的に、知的障害の方は精神障害の方に比べると体力面の課題は少ないと考えられますが、朝礼などの時間を利用して、毎日体調を3段階(よい、普通、悪い)で聞くなど、第三者の視点で体調管理には注意を払うことをおすすめします。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針