障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
多様な障害特性の社員を同じ職場に配置するのは避けるべきでしょうか?

精神障害者を雇用しています。他社の人事担当者から、精神障害者と発達障害者は相性が悪い、同じ職場で仕事をさせてトラブルになった経験があるのでやめておくべきだと言われました。
助言どおり、精神障害者と発達障害者は別々に配置した方がいいのでしょうか。
身体障害者や知的障害者など、他の障害の場合も同様でしょうか。

【障害種別ごとの相性】障害の種別(特性)が異なることそのものがトラブルの原因になることはありません。

障害者同士のコミュニケーションがうまくいかないと、それは障害のせいではないかと捉えてしまいがちですが、実は決してそうではありません。人間である以上、どんな人にも、合う人、合わない人がいるのは誰しも同じです。同じ障害の障害者だけに絞って採用、配置してもトラブルが起こることはありますし、多様な障害者が同じ職場で働いていても良好な人間関係が築かれている職場もたくさん存在します。

従って、答えはNOです。

不満やトラブルを招きやすい職場の共通点は、職場のルールやマナーが守られていないが容認されている、コミュニケーションや情報共有に課題がある、仕事の評価が公平でない、などです。これらは障害者や健常者といったことには関係ありません。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針