障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
躁うつ病とうつ病は違うのですか?

現在、休職中の社員が躁うつ病だといわれましたが、うつ病とは異なるのでしょうか?

【躁うつ病とうつ病の違い】うつ状態と躁状態が繰り返し生じる疾患で、基本的にはうつ病とは異なる疾患です。

むかし「躁うつ病」と呼ばれてきた疾患は、現在は双極性感情障害と呼ばれています。うつ病の一種と誤解されやすいのですが、うつ病とは異なります。逆に、うつ病と誤診されてしまうことで正しい治療が施されず病状が長引くというケースもあります。

双極性感情障害(躁うつ病)は、うつ状態と躁状態が発生するのが特徴です。
躁状態とは、明らかに「ハイ・調子の高い」状態になる、眠らなくても平気で活発に動き回る、極端に浪費する、誇大的になる、怒りっぽくなる、次々とアイデアが沸いてくる、などがあります。
このように、うつ状態とは対極である躁状態を繰り返す疾患です。

また、双極性感情障害(躁うつ病)にはⅠ型とⅡ型があります。Ⅰ型は激しい躁状態(浪費から借金をつくる、法的な問題を引き起こす等)が起こり、今まで築いてきた社会的信用を失い、会社を辞めざるを得ない、という状況も起こり得ます。Ⅱ型は軽い躁状態(軽躁状態)となります(他人に迷惑はかけないけれどもいつもより明らかにハイテンション等)。どちらも、本人は自分の変化に無自覚で、気分爽快で調子が良い!と思い、周囲に迷惑をかけていることに気が付きません。

うつ病は「うつ症状を少なくする(無くする)」ことが治療の目標ですが、双極性障害では、「躁とうつの波をどうやって小さくするか」が治療の目標となります。治療目標が違いますので、治療に使う薬も異なります。うつ病では主に「抗うつ薬」が処方されますが、双極性障害では主に「気分安定薬」や「非定型抗精神病薬」などが処方されます。
双極性障害であるのに、うつ病の治療を続けると、治療効果が低いだけではなく、病気が悪化する、特に躁とうつとの繰り返しが激しくなる恐れがあり、注意が必要です。

双極性障害は再発を繰り返しやすいと言われていますが、正しい服薬治療と疾患管理を行えば、適切に病状のコントロールができると言われています。

▼参考:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_bipolar.html#header

 

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針