障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
本人の希望した部署に配置したが、パフォーマンスが低かった場合は、どうしたらよいのでしょうか。

合同面接会で採用した身体障害者がいます。

交通事故で脳にダメージを負い、上肢に麻痺が残ったため手帳を取得したとのことでした。
障害を負う前は経理経験があり、パソコンが使えるとのことで、本人の希望により経理部へ配属しました。

ところが、実際に業務をやってもらったところ、スピードも遅く、指示したことを忘れてしまう、入力ミスも多く発生しています。そのやり直しの作業で、今は他の社員の残業時間が増えてしまっているような状況です。

健常者と同じパフォーマンスを期待するわけではないですが、配属先の管理職からも「何とかしてほしい」と言われています。

希望と違う仕事に配置してよいのでしょうか。またどのように伝えればよいのでしょうか。

【配置転換】現状はきちんと本人に伝えてよし。
伝え方は、障害の特性を理解し配慮する必要があります。
本人ときちんと話し、理解納得の上であれば、仕事内容や配置は変えてOKです。

採用後、実際に仕事をやってもらったら、思いのほか業務スキルが低く、困っているという企業担当者様のご相談は数多く寄せられます。

会社が期待するレベルのパフォーマンスを発揮していないことについては、正しく理解してもらう必要があります。なるべく抽象的、感情的に伝えず、客観的に事実を伝えることが大切です。
「〇〇の仕事について▲▲の誤りがあった」「××の仕事については▲▲が行われなかった」という具合です。
本人が現状を正しく認識してもらうことが、まずは第一ステップです。それは、固有の障害種別に限ったことではなく、どの障害でも共通することです。

伝え方については、もちろん障害特性に配慮する必要があります。
口頭での伝達だけではしっかり伝わらない恐れがある場合などは、メモを使ったり、イラストを用いるなどして、本人が理解しやすいよう工夫する必要があります。

ご相談いただいた障害の方の場合、上肢が不自由なだけでなく、脳にダメージを受けたことによる高次脳機能障害の症状もうかがえますので、お伝えした内容をきちんと理解しているかどうかを確認しながら進めるとよいでしょう。本人が納得したとして、配置転換できる職場があれば、まずは一安心ですが、ない場合は悩ましいですね。その人の能力に合わせて仕事を「切り出す」なども合わせて検討していくことをおすすめします。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針