障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
うつ病などで休職している人を法定雇用率にカウントすることはできるのでしょうか?

精神障害者雇用義務化に備えて準備を整えなければなりません。
休職していた社員が復職したいと言ってきていますが、この社員を障害者雇用として法定雇用率にカウントすることはできるのでしょうか?
また障害者手帳の取得に関して企業側ができることは何かありますでしょうか?

【法定雇用率(求職者のカウント)】障害者雇用の法定雇用率の対象となるどうかは、本人が「障害者手帳」を取得している必要があります。

うつ病など精神疾患によって休職している方はたくさんいますが、“精神疾患=障害者手帳を取得していること”ではありません。
障害者手帳は、本人が行政の窓口に申請してはじめて交付されるものです。
障害者手帳を取得することは「障害者のレッテルを張られる」と思われる方もいますが、障害者手帳を取得することによって、多くの支援が受けられるというメリットもあります。
障害者手帳を取得するということは、ご自身で障害があるということを認め、受けとめることになりますが、そのことに抵抗がある人も少なくありません。
十分にご本人の意思を尊重し、企業側が「説得」したりするものではないことを理解する必要があります。

ご本人にとって本当にメリットがあるということでしたら、第三者を交えるなどして、慎重に話を進めるなど、無理のない形で進めていくことをおすすめします。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針