障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
体調が悪いと欠勤する精神障害者。会社はどのような対応をすればよいのでしょうか。

休みがちな精神障害者(統合失調症)の社員がいます。

「体調が悪いから休ませてほしい」と言うので、了承するのですが、その翌日は意外とケロッとした顔で出勤していて、本当に体調が悪かったのだろうかと思ってしまいます。精神障害者というのはそういうものなのでしょうか。

能力は高いのに勤怠が不安定な精神障害者の対応に苦労している企業は少なくありません。

「体調が悪い時はいつでも休んで」と伝えることで安心して働けると思いますが、「休むほど体調が悪い」「再発の兆候」でなくても休ませてしまうことがあります。

あまり神経質にならずに、本人の状況を具体的に把握し、その状況に応じて判断するとよいと思います。

まずは欠勤の連絡は基本的に電話で受けてください。
体調の悪さを具体的に把握します。本人の声の調子、具体的にどのような感じか、ベッドから起き上がれるのか、更衣はできたのか、家から出られるかなどの質問をしてみます。
もし、家から出られそうなら、「会社に来てみて具合が悪ければ帰ってもよい」と伝え、出社をすすめることを試してみてはどうでしょう。

家を一歩出てみると気分が変わったり、出勤してみると意外と仕事ができる場合もあります。出勤して、やはり就業できそうにないようなら帰宅を促してください。

体調が悪いと言われると、担当者は緊張します。
けれども、「体調が悪い」という状態が、即「働けない」のではないのです。

それは誰でも同じです。たとえば風邪気味だったり頭痛があっても仕事をする場合があります。統合失調症であっても同じです。

逆に、明らかに普段の調子と違うという兆候が見られるときは、きちんと休みをとってもらい、回復してから出勤してもらうようにしましょう。普段から様子を把握していると的確に判断できますね。

 

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針