障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
就労支援機関への連絡のタイミングは?

採用した障害者が登録している支援センター(就労支援機関)の担当者に「何かありましたらいつでもご連絡ください」と言われました。
どんなときに連絡すればよいのでしょうか。

【就労支援機関の役割】雇用している障害者のことについて、就労支援機関の相談のタイミングは2つのケースに大別されます。
1.いつもと違う行動(もしくは反応)がある(あったとき)
2.問題というほどではないものの、それが続いたり、何回も繰り返すなど、業務遂行、あるいは働き続けるうえで課題があること

たとえば
休憩時間から戻るときにいつも5分遅れてしまう。「動きがゆっくりなので仕方ないかな」と思っていたし、この程度で相談していのかなと思っていたケース。
遠慮なく相談してください。支援機関担当者が本人に遅刻しないためのルール設定をしたことで遅れることなくきちんと仕事に戻れるようになりました。

※障害者の生活や就労を支援する相談機関(以下就労支援機関)が各地に設置されており、弊社では、その就労支援機関へ登録している障害者を採用することを強くお勧めしています。国の制度で運用される障害者就業・生活支援センター(通称:ナカポツまたはシュウポツ)や自治体の制度によって運用される就労支援センターなどが代表的です。行政が民間団体に委託して運営されている公共のサービスで、利用料はかかりません。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針