障害者雇用Q&A

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!
工場内で作業中に、大声で話しかける発達障害者社員にどう注意すればいいでしょうか。

工場内で働いている発達障害者社員が、離れた場所から大声で話しかけてくることがあります。他の社員が驚いてしまいその都度注意するのですが、なかなか直りません。どう注意すればいいのでしょうか。

【発達障害者への説明の仕方】適切な音量で話すことの必要性を説明し、場にふさわしい声の大きさを具体的に理解してもらう。

なぜ適切な音量で話す必要があるのか、周囲に配慮することの必要性をまず説明し、理解してもらいましょう。その上で、話したい相手が離れている時は自ら動くことをルール化するとよいでしょう。

注意する時も、「もう少し小さい声で」「場にふさわしい声の大きさで」といった指摘は抽象的で分かりにくいものです。声の音量を1~5程度にランクを付けて、スケールを作成して視覚的に理解してもらうことも有効です。
挨拶は音量5、作業中の報告や質問は音量3、独り言は音量1、というように具体的な指標を示すことで、より分かりやすくなります。また、「作業中の声の大きさは音量3にしましょう。これぐらいの声の大きさです。」と実際に手本を見せることで、さらに理解を促せます。
注意する時も、「今の声の大きさは音量5でしたね。作業中は3の大きさで話して下さい。」ということで、具体的に注意することが出来ます。

また逆に、報告の声が小さくて聞き取れない、といったケースもあるでしょう。そのような場合も、「今の声は音量1で聞き取れません。もう一度、音量3の声で報告して下さい。」と具体的に指摘することが大切です。

はじめての障害者雇用もこの1冊で安心!Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

関連するQ&A

お役立ち情報の詳細

Q&Aランキング
関連するQ&A
  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針