精神障害者雇用義務化に備える!精神障害者採用のポイント解説セミナー

精神障害者の採用・雇用管理で発生しがちな問題

支援実績100社以上の解決手法を一挙公開!

当日のセミナーでお伝えする内容

多くの企業はなぜ精神障害者雇用に悩むのか精神障害者雇用義務化、法定雇用率引き上げに向けた課題

平成30年4月、法定雇用率の算定基礎に精神障害者が加わり、現状2.0%の法定雇用率がさらに引き上げられることが予想されています。企業の障害者採用意欲がさらに活発化し、障害者の就職件数が急増していますが、勤怠が不安定、パフォーマンスに波がある、早期に離職する障害者も見られ、満足度は二極化しています。その要因と対策を紐解きます。

成功企業が実践!障害特性や必要な配慮、マネジメントに必要な情報が豊富に収集できる採用方法とは

精神障害と言っても、その疾患や特性はさまざまです。障害や疾患によってそれぞれ特性の現れ方が異なることが精神障害者採用を難しくしている最大の要因です。 本セミナーでは、採用後に「しまった!」と後悔しないための、採用方法について解説します。

意外と知らない!面接時に確認する10個のポイントで定着率は飛躍的に向上する

障害が重いとはどのような状態か?障害についてどこまで聞いていいのか?障害者本人の答えたことをどのように評価すべきなのか? 自信をもって障害者面接ができていると言い切れる担当者は多くありません。 本セミナーでは、面接時に確認すべき基本的な内容、働き続けることができる人材かどうかを見極める質問項目まで、具体的に解説します。

人事担当として現場を支援できること 障害者のマネジメント、サポート体制はこうやって構築する

精神障害者を受け入れるにあたって、障害についてどこまで何を伝えるべきか?体調の変化にどのように対処すべきか。「採用がゴール」ではない精神障害者雇用について、現場の不安を取り除き、負担を減らしながら精神障害者と働いていくために、人事部門が現場に提供すべき支援とは何か。成功企業の事例をご紹介します。

セミナー内容を実践した企業の実績

業種
サービス業
規模
1900人

離職者がゼロに!
驚異の定着率

障害者採用は主にエージェントからの紹介がメインでした。なかなか計画通りに採用が進まずに苦慮していました。採用方法を大幅に変革し、インターンシップを実施、就労支援機関のサポートを受けている障害者を非公開で採用するという採用方法に変更しました。あれほど苦労していた勤怠不安定となる障害者社員も、現場や障害者社員からのクレームもまったくありません。この方法で採用した精神障害者15名は1人も離職していません。

業種
情報通信業
規模
500人

部門での精神障害者の
受け入れに成功し、
悲願の法定雇用率達成

毎年1人~2人の障害者雇用数が足りずに法定雇用率未達成が続いていました。人事での受け入れには限界もあり部門での受け入れがなければ打ち手なしの状態でした。今回のセミナーで得られたことを元に、現場社員たちに精神障害や入社予定の精神障害のある社員についての勉強会を実施。受け入れにあたっての不安と負担を取り除くことに努めました。精神障害者社員も安定的に就業しており、「よくやってくれている」との評価も聞かれます。人事部門としては悲願の法定雇用率達成となり、今後の法定雇用率引き上げ対策も現実味をもって練ることができそうです。

お客様の声

大変満足の理由
受入れ部門にどのような形で伝えていこうか悩んでいたため、進べき方向が見えて大変役に立ちました。(3000名、飲食業、障害者雇用ご担当者)
フェイズごと(採用~定着)の施策がわかりやすくまとめられていて、ポイントがよくわかりました。(280名、情報通信機器の小売業、障害者雇用ご担当者)(他1名)
障害者雇用の成功事例から、必要なポイントを学ぶことができ、今後の採用活動に活かすことができると感じました。(230名、サービス業、障害者雇用ご担当者)(他1名)
精神障害者の雇用経験がなく、知識が全くなくても、基本的なことからわかりやすく学ぶことができ、不安がだいぶ解消されました。(270名、総合商社、障害者雇用ご担当者)
精神障害者の面接の方法を具体的に知ることができました。(2900名、食品、障害者雇用ご担当者/1600名、地方銀行、障害者雇用ご担当者)
満足の理由
採用時のミスマッチや配属先での受入れ側の問題についての話は、今後の対策を考えるヒントを得ることができました。(2500名、飲食業、障害者雇用ご担当者)
障害者雇用に関する体系的な知識を確認することができ、今後必要なアクションを見出すことができました。(1600名、広告人材関連、障害者雇用ご担当者)
雇用を進めるうえで生じる問題点に対して、具体的な改善例聞くことができました。(6500名、ビジネスサービス人材関連、障害者雇用ご担当者)
精神障害者の採用活動へ前向きな気持ちになれました。(300名、サービス業、障害者雇用ご担当者)
採用計画、採用、配置という人事寄りの情報はよかったです。(1500名、通信・インターネット関連、障害者雇用ご担当者)
すべての事例が大変よく考えられた内容で、学ぶことが多くありました。(1700名、給食サービス、障害者雇用ご担当者)
明確かつすっきりした内容で振り返りがしやすいです。(140名、広告、障害者雇用ご担当者)
身体、知的、精神で、一番難しいと考えていた精神障害者のことが少しわかりました。(700名、清掃業、障害者雇用ご担当者)
定着のための採用プロセスが大変参考になりました。(650名、化学、障害者雇用ご担当者)
就労支援機関の活用方法を十分に理解できました。(1150名、情報・通信、障害者雇用ご担当者)

無料セミナーのお申し込みはこちら

セミナー概要

タイトル 精神障害者雇用義務化に備える!精神障害者採用のポイント解説セミナー
講師紹介

株式会社FVP 代表取締役
NPO法人勇気のつばさインクルージョン2015 理事

大塚 由紀子(おおつか ゆきこ)

略歴

障害者の自立支援活動を行っていたヤマト運輸元会長の故小倉昌男氏との出会いをきっかけに、「福祉と経営の融合を通して障害者の働く場をつくっていきたい」と2003年、株式会社福祉ベンチャーパートナーズを設立。多数の障害者雇用支援、就労支援の実績を有する。中小企業診断士。

担当分野

障害者雇用全体戦略立案

日程

株式会社FVP 代表取締役 大塚 由紀子
10 月24日(火)13時30分~15時00分(受付開始13時15分~)
11月16日(木)10時30分~12時00分(受付開始10時15分~)

会場 東京都千代田区内神田1丁目4番1大手町21ビル10F(株式会社FVP セミナールーム)
プログラム
障害者採用担当者として知っておくべき情報
ロクイチ調査(障害者雇用状況報告)から企業名公表、
合理的配慮や差別禁止法について
精神障害者雇用義務化の及ぼす影響
精神障害者の特性とマネジメントのコツ
障害者手帳と分類、
精神障害者と発達障害者の違い等
精神障害者採用のすすめ方
精神障害者に適した仕事とは
採用プロセスの考え方と手順
面接で質問すべきこと、見極めのポイント
障がい者があたりまえに働く職場づくりに取り組む
企業のための障がい者雇用支援サービス

※ 同業者、福祉支援機関関係の方のご参加はご遠慮いただいております。

定員 10名
参加費用 無料

無料セミナーのお申し込みはこちら

会社概要

会社情報

会社名 株式会社FVP(カブシキガイシャ エフヴイピー)    コーポレートサイトはこちら
設立 2003年5月28日
資本金 1000万円
所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-4-1 大手町21ビル10F
TEL: 03-5577-6913  FAX: 03-5577-6914
事業概要

障害者雇用・就労支援に特化したコンサルティングサービス

【障害者雇用支援サービス】
障害者雇用のコンサルティング、特例子会社設立のサポート、障害者自立支援法による就労継続支援A型設立のサポートなど
【福祉サービス事業所向け支援サービス】
福祉事業所の就労支援事業(生産活動)活性化のためのコンサルティング、研修、行政の委託による福祉サービスに関する実態調査、分析業務など

無料セミナーのお申し込みはこちら

ページトップ