• HOME>
  • セミナー情報>
  • 障がい者雇用に必要な知識と事例を踏まえた継続雇用のポイント
事例から学ぶ成功する障害者雇用のポイント解説セミナー

障がい者雇用に必要な知識と事例を踏まえた継続雇用のポイント

本セミナーの特徴

企業において障がい者雇用は重要な課題となっていますが、継続して雇用率を満たすことは容易ではありません。ひとくくりに「障がい者」と定められてはいるものの、それぞれの特徴に応じた柔軟な対応を行う必要があります。
   そこで本講座では、第一部において障がい者雇用の最新事情から始まり、安定した障がい者雇用を行うために理解すべき様々な制度を丁寧に解説します。また第二部では、実際の障がい者雇用事例を交えながら障がい者雇用を維持するための留意点について、特に精神障がい者に注目して解説していたします。

セミナー概要

種別

障害者雇用セミナー

タイトル

障がい者雇用に必要な知識と事例を踏まえた継続雇用のポイント

講師

株式会社FVP 代表取締役 大塚由紀子

ゲストスピーカー
日時

平成28年12月7日(水)13:30~17:00

タイム
スケジュール
会場

厚生会館ホテル
※東京都千代田区平河町1‐5‐9

参加費

35,640円(本体価格33,000円)

 

定員
参加条件

▼お申し込み
https://www.bri.or.jp/seminar/59443

※同業者・就労支援関係者のご参加はご遠慮頂いております。

プログラム

【第1部:障がい者雇用の基礎知識】
1.障がい者雇用制度、法改正の最新事情
     (1)改正障害者雇用促進法とは
     (2)平成30年より義務化する精神障がい者雇用と企業への影響
     (3)障害者雇用助成金活用のポイント

 

2.近年における障がい者労働市場の変化と対応
     (1)過去に例を見ない右肩上がりの労働市場の解説
              ・企業における障がい者平均実雇用率
              ・精神障がい者求職数及び就職数等
     (2)最新労働市場を踏まえた、障がい者採用戦略の構築
     (3)障がい者労働市場における今後の展望とは

 

3. 障害者雇用率制度とは
     (1)障がい者の法定雇用率とは
     (2)障害者雇用納付金制度の特性と注意点は何か
     (3)企業が障害者雇用率を達成できない場合のリスク

 

4.障がい者手帳と障がい者の分類とは
     (1)障がい者手帳と障がい者の区分
     (2)精神障がい者手帳における『障がい者』とは
              ・手帳記載事項の確認
                   精神障がい者手帳の内容や区分、精神障がいの手帳の級数と
                   症状の関係
                   知的障がいと身体障がい、精神障がいの識別を明確化する
              ・精神障がい者、発達障がい者の特徴と行動原理とは

 

【第2部:事例解説】
精神・発達障がい者雇用事例から学ぶ ~採用後の課題と対応~

     ・精神・発達障がい者雇用事例
          -採用したが、継続できず辞めてしまう原因とは
          -障がい者スタッフの業務をどのように設計すべきか
          -欠勤が続く精神障がい者には、どう対応すべきか
     ・精神障がい者マネジメントにおける留意点
          -障がい者を戦力にするポイント
          -実務において精神障がい者が支障を感じ取るポイントとは
     ・障害者雇用支援制度を活用するために注意すべきことは何か

 

【第3部:まとめー成功する精神・発達障がい者雇用推進のポイント】

 

  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針