雇用開始前の訓練制度

障害者雇用担当者のための困った時のQ&A集

雇用開始前の訓練制度

【雇用開始前の訓練制度の種類】

1.職場適応訓練

本雇用を前提として、障害者の能力に適した作業を企業に委託して実施訓練を行い、職場環境へ適応しやすくする。訓練終了後は引き続き雇用に移行する制度。期間は通常6ヶ月(中小企業及び重度障害者は1年)。企業への委託費として、訓練生1人あたり月額24,000円(重度障害者は25,000円)が支給される。訓練生に対しては、訓練手当(雇用保険受給者は雇用保険の基本手当)が 支給される。

 

2.短期職場適応訓練

本雇用を前提とし、実際に従事する予定の業務を経験し、就業への自信を深めることを重視とした短期の訓練。期間は通常2週間以内(重度障害者:4週間以内)。委託費として、訓練生1人あたり日額960円(重度障害者:1000円)が支給され、訓練生には訓練手当(雇用保険受給者 は雇用保険の基本手当)が支給される。

 

障害者雇用担当者のための困った時のQ&A集Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

障害者雇用用語集

お役立ち情報の詳細

  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針