トライアル雇用(障害者試行雇用事業)とは

障害者雇用担当者のための困った時のQ&A集

トライアル雇用(障害者試行雇用事業)とは

ハローワーク等の紹介により、企業が障害者を試行雇用(トライアル雇用)として雇用し、お互いに適性を確認してから、試行雇用終了後の常用雇用への移行を進めることを目的とした事業。原則3ヶ月(精神障害者は最大12ヶ月)の有期雇用契約を結び、この期間中は企業から障害者に賃金が支給され、企業には試行雇用奨励金として月額4万円が支給される。平成28年度より、精神障害者を初めて雇用する場合は、支給額が月額8万円に変更となった。

 

■障害者短時間トライアル雇用制度

直ちに週20時間以上勤務することが難しい、精神障害者及び発達障害者について、雇用時の週の所定労働時間を20時間未満から開始するトライアル雇用のこと。3ヶ月以上12ヶ月の期間をかけながら常用雇用を目指し、企業に対しては試行雇用奨励金(月額20,000円)が支給される。

 

障害者雇用担当者のための困った時のQ&A集Q&A集をダウンロード

他にも障がい者採用に役立つ情報を無料でご提供します。

  • 障害者雇用のためのATARIMAEメソッド早わかりガイドブック
  • 障害者雇用率制度解説
  • 障害者雇用チェックシート
  • 早わかり就労支援機関ガイドブック
  • 就業規則・雇用契約書考え方のポイント
  • 雇用管理のポイント~発達障害者編~
  • 雇用管理のポイント~精神障害者(統合失調症)編~
  • 業務指示のポイント~知的障害者編~
  • 部門別情報収集シートの活用
  • プロフィールシート
  • 障害者雇用防災対策マニュアル
  • 障害者面接のポイント
  • 業務日誌

障害者雇用用語集

お役立ち情報の詳細

  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針