株式会社あきんどスシロー

障害者雇用モデル店舗での成功事例を横展開。
短期間で150人の雇用拡大を実現!

企業プロフィール

株式会社あきんどスシロー

■回転寿司店の経営

■正社員 1,326名(アルバイト・パート約36,500名)

■1984年創業

全国で回転寿司をチェーン展開する、業界大手企業。

仕入れにこだわった業界最高水準のネタを、通常メニュー1皿108円から提供。「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を企業理念に掲げ、1店舗あたり年間のべ30万人のお客様来店数をほこる。

背景・課題

店舗数の急増に伴い法定雇用人数も急激に増加し、障害者雇用の推進が喫緊の課題であった。

そんな折、紹介されたのがFVPだった。

具体的かつ包括的な提案をしてもらえたこと、さらにその提案が、障害者に配慮するだけでなく、企業の視点に立った内容で受け入れやすかったことが仕事の依頼につながった。

コンサルティング内容

店舗での障害者雇用を想定し、類似業態の障害者雇用企業の視察を実施。

自社の障害者雇用のベンチマーク基礎資料としたモデル店舗による障害者雇用を進め、職域、採用活動、戦力化、支援機関との連携の方法など、障害者採用・定着・戦力化における一連の仕組み作りをトータルにサポートした。

これにより、モデル店舗で構築した方法を、他店舗でも導入する横展開を容易にした。

雇用モデル店舗第一号店での障害者雇用が軌道にのったタイミングで、その成果を経営層へプレゼン、各店舗での雇用へと一気に採用活動を加速させた。

同時に障害者雇用のノウハウが内製化できるよう、社内障害者雇用担当者の育成に取り組んだ。

就労支援機関の連携可能性に関しての情報提供を行うと同時に、首都圏、九州地域などにおける母集団形成、採用活動(職場見学、実習、面接サポート)などの採用代行も実施した。

成 果

成果1
従業員数の増加に対応できる障害者雇用の仕組みが構築できた

店舗での障害者雇用のフォーマットを構築できたことにより、その仕組みを他店舗に導入することで、計画的、迅速に採用活動を進めることができた。
店舗数が増加しても職域に困ることはなく、着実に障害者雇用を推進する仕組みができた。

成果2
障害者雇用に精通した社内人材の育成に成功した

障害者採用、定着・戦力化のプロセスにおけるノウハウを内製化するという提案を受け、本部人事担当者1名を障害者雇用の専任として任命した。
担当者は、経験を積んでいくうちに採用、定着・戦力化の業務に精通してきた。
このノウハウを他の社員へも提供できるようになり、短期間で150名もの障害者採用の実現を可能にした。

この事例に関するATARIMAEメソッド

この事例に関するサービス

  • 精神障がい者雇用義務化に備える!精神障がい者採用のポイント解説セミナー
  • はじめて障害者 雇用に取り組む方へ
  • お役立ち 障害者雇用 資料ダウンロード
  • 障害者雇用 Q&A
  • 障害者現場レポート おおつかがゆく! O-TSUKA’S FIELD REPORT 素敵な障害者の職場を 代表のおおつかゆきこが 突撃レポートしています。
  • 障害者があたりまえに働けるニッポンへ 厚生労働省全面協力 ATARIMAE PROJECT 障害者雇用支援総合ポータル 詳しくはこちらから
  • 障害者の働く場記 代表おおつかのブログ
  • FVPコーポレートサイト
  • 個人情報保護方針